面会指図!人の感触は外見と話し方で仕上がる!?

われわれ個性は、初対面の亭主において無意識にレッテルを貼って仕舞う。たとえば、第ゼロ所見が良ければ後もよろしい所見を持ち、悪ければ後も厳しい所見を保ち続けて仕舞う。これを内学の用語では開始つながりというそうです。
確かにその通りです。初めに汚い所見を持ってしまうと、後かりに亭主の素晴らしい状況が見えたとしても、低い所見が根付いているのでそれを払拭するのは難しいです。人の持つ所見は困難著しいものだということをふたたび実感します。
また、メンタルサイエンティストのメーラビアンは次のように言っています。
「直会って話したら輩が相手に好意を持つかどうかは、亭主の形相やしぐさが55%、話すときの声や色などの非語彙体系コンサルティングが37%、会話の目的は7%に過ぎない。」
つまり、人の所見は、形相といった声のトーンなどの非語彙体系コンサルティングにて90%上記が決まってしまい、筋道の目的は決して加味されないのです。http://xn--eckr4nmb7720a9jzd.biz/